ふるさと納税にかわいらしいやちむん&琉球ガラスが仲間入り

沖縄現代工芸を扱うGalleryはらいそより、ふるさと納税の返礼品についてのお知らせです。Galleryはらいそでは、「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」でうるま市へ寄付してくださった方々の返礼品として、うるま市で作られている沖縄の現代工芸「やちむん(陶芸)」「琉球ガラス」「とんぼ玉アクセサリー」をご用意しています。沖縄が大好きな方、うるま市が大好きな方、南の島に馳せる思いをふるさと納税で形にしてみてはいかがでしょうか。

陶factory509

陶factory509

創造をカタチにすることが得意の夫婦が営むやちむん工房「陶factory509

「ユニーク」「楽しい」という言葉がとてもよく似合う、心が踊る器を得意とする「陶factory509」は冨山進さん・盛舛容子さん夫婦が営むやちむん工房です。
既存のかたちにとらわれないイメージを持ちながら、暮らしに楽しさを届ける器を毎日制作しています。

人気のモノクロ皿は、シックな色使いの中に、遊び心をプラスしたかわいい器に。ベースがモノクロのお皿は素材が映えるので、新鮮なサラダやみずみずしい果物、甘〜いスイーツがよく似合います。

ふるさと納税では、モノクロ皿直径12cmの2枚セット、モノクロ皿直径16cmのデザートにぴったりサイズの1枚・2枚セットからお選びいただけます。

ふるさとチョイスのモノクロ皿返礼品をみる

楽天ふるさと納税のモノクロ皿返礼品をみる

陶芸こまがた

沖縄で作られる陶器・焼きものは「やちむん」と呼ばれています。日本に数多くある陶器と比べて、器に厚みがあって、しっかりとした重さが特徴的。

自身の親も陶芸家で岡山県出身の駒形爽飛(こまがた・そうひ)氏は、読谷村の「壺屋焼陶眞窯」で修行。
2015年に「陶芸こまがた」として独立しました。
沖縄の土と故郷である岡山の土を合わせながら、伝統的なやちむんと、新しい作風への挑戦しながら、日々やちむんづくりに励んでいます。

でいご7寸リム皿

「陶芸こまがた」がつくる、沖縄のやちむん(陶器)たち。こちらは「でいごシリーズ」の7~8寸リム皿をお届けします。

7~8寸リム皿はプレート料理やパスタなど、大皿料理として盛りつけることができる大きめの便利な器です。いつもの食卓に、沖縄の風が吹くような彩りが添えられます。

「でいご」とは真っ赤な花が特徴のマメ科の植物。沖縄でよく見られる花で、「沖縄県の花」に選定されている。その花をイメージして染め付けられたのが「でいご」シリーズです。

しのぎ6寸鉢

「陶芸こまがた」がつくる、沖縄のやちむん(陶器)たち。こちらは、削り出しの技法「しのぎ」で「シマ」模様に彫った6寸鉢をお届けします。食卓に主張しすぎないホワイトとブラウンのシンプルで使い勝手の良い器。

6寸鉢は大皿料理やパスタ、お惣菜など、さまざまな料理を盛りつけることができる大きな器です。いつもの食卓に、沖縄の風が吹くような彩りが添えられます。

リム鉢

こちらは、削り出しの技法「しのぎ」で「シマ」模様に彫った5寸鉢。すこし口が反ったタイプ。

5寸鉢は、お鍋の取り皿や、お惣菜など、さまざまな料理を盛りつけることができる便利な器です。

しのぎの器は「シマ」「デイゴ」「アジロ」の3種類の模様からお選びいただけます。お気に入りを一つずつ揃えてみるのもオススメです。

ふるさとチョイスの駒形の返礼品をみる

楽天ふるさと納税の駒形の返礼品をみる

再生ガラス工房てとてと

うみいろ

再生ガラス工房てとてとは、ガラス作家・松本栄氏が沖縄県うるま市で再生ガラスを使ってガラス制作をしている工房。松本栄氏によって作られる作品は、手にふれてみるとわかる、素朴で温もりを感じられるガラスが特徴。空き瓶を再利用する「再生ガラス」にこだわり続けるてとてとのガラス作り。工程で出たガラスのクズは、道路の舗装材として再利用しています。循環型社会に向けて真摯に向き合う姿が、語られることのない作品を通じて伝わる気がします。

再生ガラスを使って生み出される「琉球ガラス」。

琉球ガラスとは、沖縄本島を中心に制作される工芸品。主に空き瓶などを溶かし、再利用して制作されています。真っ青に済んだ沖縄の青い海を思わせる琉球ガラスのグラスをお届けします。

うみいろオリオン


オリオングラスは、オリオンビールを飲むのにぴったりのネーミングで、日常の「おつかれさま」の一杯を優雅にしてくれるビアグラスとして。また、持ちやすいサイズなのでお子様の麦茶やジュースなどにも使い勝手の良いサイズとなっています。

うみいろボウル

うみいろボウルの爽やかな青と緑に合わせて、サラダやフルーツ、ヨーグルトを盛りつければ、沖縄のリゾート気分をご自宅で味わえるはず。

ふるさとチョイスのてとてとの返礼品をみる

楽天ふるさと納税のてとてとの返礼品をみる

日本橋で逢いましょう

1年ぶりの東京の展示会「開かれる沖縄の扉」が日本橋三越本店本館5階ギャラリーライフマイニングスペース#5にてスタート!

今週はばたばたと展示会の準備に追われながら、関東エリアからいらっしゃるお客様にもこの催事をご案内するとみなさま「いきます!」って言ってくださり心強いです。

日本橋三越の5階はスペースもゆったりとしていて、密な空間にはなりにくいと記憶しています。ゆったりと安心してご覧になりたい方はぜひ平日にいらしてくださいね。

マスクとアルコール消毒と手洗いうがいの準備万端で臨みます。

いよいよ準備も佳境に入って来ました。2週間という長丁場ではございますが、みなさまに会えるのを楽しみにしています。

Galleryはらいそ特別企画・沖縄現代工芸展「開かれる沖縄の扉」

概要

【会期】2019年7月8日(水)〜7月21日(火)
【会場】日本橋三越本店本館 スペース#5
【時間】10:00〜19:00